22/08/2019 ​​

  • 津田大介芸術監督が、東京新聞朝刊に寄稿(東京新聞:表現の不自由展中止 津田大介さん「回復の手だて全力で探る」:社会(TOKYO Web))

  • 久元喜造神戸市長が、定例記者会見で8月18日開催予定だったシンポジウム「2019年-2020年、アートは異物を受け入れるのか」の中止の理由に言及(令和元年(2019年)8月22日 神戸市長定例会見 - YouTube)(「表現の自由」語らず/神戸シンポ中止 市長が会見)

  • 午後2時、문화연대がソウルのフランシスコ教育会館でシンポジウム「위협받는 예술, 위기의 민주주의」を開催。イム・ミヌク、「表現の不自由展・その後」出品作家のキム・ウンソン、「表現の不自由展・その後」実行委員会の岡本有佳、津田大介芸術監督らが登壇(‘소녀상’ 전시 중단 아이치트리엔날레, 일본 작가도 ‘전시 중단’ 항의 동참 : 사회일반 : 사회 : 뉴스 : 한겨레)(“소녀상 막는 일본…민주주의 억압 당연시하면 독재로 귀결될 것” - 경향신문)(配布資料PDF:http://culturalaction.org/wp/wp-content/uploads/2019/08/20190822_%E1%84%8B%E1%85%B1%E1%84%92%E1%85%A7%E1%86%B8%E1%84%87%E1%85%A1%E1%86%AE%E1%84%82%E1%85%B3%E1%86%AB%E1%84%8B%E1%85%A8%E1%84%89%E1%85%AE%E1%86%AF%E1%84%8B%E1%85%B1%E1%84%80%E1%85%B5%E1%84%8B%E1%85%B4%E1%84%86%E1%85%B5%E1%86%AB%E1%84%8C%E1%85%AE%E1%84%8C%E1%85%AE%E1%84%8B%E1%85%B4%E1%84%90%E1%85%A9%E1%84%85%E1%85%A9%E1%86%AB%E1%84%92%E1%85%AC%E1%84%8C%E1%85%A1%E1%84%85%E1%85%AD%E1%84%8C%E1%85%B5%E1%86%B8_%E1%84%86%E1%85%AE%E1%86%AB%E1%84%92%E1%85%AA%E1%84%8B%E1%85%A7%E1%86%AB%E1%84%83%E1%85%A2_%E1%84%89%E1%85%AE%E1%84%8C%E1%85%A5%E1%86%BC.pdf)

  • 午後8時半、毒山凡太朗が、四間道・円頓寺エリア内にアーティストランスペース「多賀宮 TAGA-GU」をオープン。オープニングトークにあいちトリエンナーレ2010、2013、2016アーキテクトの武藤隆大同大学教授を招く(あいちトリエンナーレ参加作家・毒山凡太朗がアーティスト・ラン・スペース「多賀宮 TAGA-GU」を名古屋にオープン|MAGAZINE | 美術手帖)

  • 卯城竜太(Chim↑Pom)、加藤翼、小泉明郎、津田道子、毒山凡太朗ら参加アーティスト有志が、四間道・円頓寺エリア内にアーティストランスペース「サナトリウム」をオープンすることを発表。

  • 緊急シンポジウム「『表現の不自由展・その後』中止事件を考える」が文京区民センターで開催。安世鴻、大浦信行らが登壇。午後6時半、『創』編集部らが、「緊急シンポ「表現の不自由展・その後」中止事件を考える」を文京区民センターで開催。「表現の不自由展・その後」出品作家の安世鴻、朝倉優子(マネキンフラッシュモブ)、大浦信行、中垣克久、「表現の不自由展・その後」実行委員会のアライ=ヒロユキ、小倉利丸らが登壇(表現の不自由展「再開を」 出展者らが都内で抗議集会 [表現の不自由展・その後]:朝日新聞デジタル)(「知る権利守って」。「表現の不自由展・その後」出品作家が語る|MAGAZINE | 美術手帖

Articles on the day