09/08/2019

      検証委員会は、山梨俊夫国立国際美術館長を座長に、美術や憲法などの専門家6人で構成。16日に愛知県庁で初会合を開き、11月末ま          で検証を続け、報告書をまとめる。「不自由展」中止、愛知県が検証委設置へ 課題洗い出し [表現の不自由展・その後]:朝日新聞デジタル

  • モニカ・メイヤー(あいちトリエンナーレ2019参加アーティスト)が、展示変更を申し出る。

  • TRANS-KOBE実行委員会と神戸市が、8月18日開催予定のシンポジウム「2019年-2020年、アートは異物を受け入れるのか」の中止を発表。

  アート・プロジェクトKOBE2019:TRANS- シンポジウム 「2019年-2020年、アートは異物を受け入れるのか」※開催中止※